H28年9月22日(木・祝)第68回 酒友・日本酒学校『川中島・幻舞(長野)千野麻里子杜氏を迎えて全種類の幻舞と料理を楽しむ会』

更新日:2016/09/01

「川中島・幻舞」を醸す蔵元酒千蔵野酒造は、創業天文9年(1540年)で、全国に約1600蔵がある中で7番目に古い歴史を持つ蔵元です。(約460年続いています)

その昔(安土桃山時代)武田信玄軍VS上杉謙信軍が対決した長野県「川中島の合戦」で有名な地に蔵元はありその頃より既に酒造りを行っていた。当時両軍の武将達も、この蔵元の酒(当時は濾過技術が無かったので「にごり酒」だった)を飲んで心を癒やしていたと言われる。
それだけ長い歴史を持つ蔵元が酒千蔵野酒造である。

現在は、蔵元の娘である千野麻里子さんが杜氏をやっておられ「長野県初の女性杜氏」としても有名です。
また千野杜氏は全国新酒鑑評会や、長野県の国税局単位の鑑評会など数々の大会で金賞受賞を果たしてきた「実力美人杜氏」としても有名です!(最近ではH27年28年と連続で全国新酒鑑評会で金賞受賞しています)

 

DSCF4953
酒千蔵野酒造は長野オリンピックの際、蔵元が道路拡張地区にあったため、止むなく縮小せざるを得なくなり、小さな蔵となってしまった為、造りを「三期醸造の蔵」(秋冬春の10月〜6月末まで)へ切り換え現在何とか約600石をキープする。その為OFFシーズンの期間はたったの3ヶ月だけ!
その間に酒米栽培農家の手伝いや、挨拶回りをするので超多忙です!そんな千野杜氏にわざわざお越し頂き『川中島・幻舞の会』を開催致します!

これだけ全国的にも有名な蔵元でありながら、大阪での取り扱い酒屋は数軒のみ!それゆえに入手困難な酒となっています。是非、この機会に会へ参加して、美人女性杜氏の千野麻里子さんを確認しながらその素晴らしい酒質を堪能してみて下さい!!
(※店長が「酒千蔵野蔵元探訪レポート」をUPしているので、ここをクリックしてネ!)

今回は「川中島・幻舞」の全種類(本醸造〜純米大吟醸)と地元酒米栽培農家さん達のために醸す幻舞の番外品となる「田舎あぜみち・純米」を加えた10種類の「幻舞」を心ゆくまで利き比べてみて下さい。また酒質との相性を考えて、地元長野産の食材も使用して考案した料理の数々をフルコース形式で順番に提供していきますので、お酒との相性も理解出来ますヨ!
酒友・日本酒学校(蔵元を囲む会)は、自分の好きなペースで食べたり飲んだりしながら、蔵元から色々な日本酒の知識を教えてもらっらり、蔵元と一緒に利き酒大会をしたり、ゲーム大会で蔵元グッズ(前掛け、グラス、お猪口、Tシャツ、他…)をGETしたり、ディスカッションしたりと蔵元と参加者全員とが一体となって盛り上がりながら交流をより深くしていく会です!!これは他店の日本酒の会では、絶対に体感出来ない『大きな充実感』が味わえますヨ!!
まずは、とにかく一度参加してみる事です!

 

【日時】平成28年9月22日(木・祝)PM2:30〜6:00(2:15までに筆記具持参で入場)

【場所】吹田 江坂 銘酒居酒屋 酒友
(地下鉄御堂筋線「江坂」下車、東ハンズ前「フォルクス」100m、徒歩5分)
電話:06(6821)2985

【参加費】6,900円(税込)


« »

TEL:06-6821-2985